施工の流れを見てみる|玄関ドアのリフォームやフロアコーティングが人気!

フロアコーティングの施工手順を確認しよう

当日はスムーズに対応していこう!

フロアコーティングを施工したいと思ったら特に価格帯などが気になりますが、施工をする流れなどもチェックしておくと良いですよ。全体の流れを把握していくことで、当日はスムーズに対応出来てトラブルなくフロアコーティングが行なえるでしょう。

施工の流れを見てみる

男女

施工をする場所を確認する

フロアコーティングを行なう業者と施工する場所を最初に確認していきます。この段階で作業の説明をしながら、もともとついてる傷などをチェックしていくでしょう。作業の関係上、立ち会いをしない業者もいますが、トラブルなどを発生させないためにも最初は立ち会っておくと良いですよ。

施工前の準備を行なう

作業前はドアや壁などにフローリング剤が付かないように、保護をしていきます。フロアコーティングを施工する前のこの作業は重要でしょう。その際にワックスが塗られている場合は、コーティング剤とのトラブルに発展してしまうため、必ず取り除きます。また、傷などがある場合もあらかじめ補修を行なってくれます。

コーティング開始

場所の確認や事前準備を無事に終わったら、いよいよコーティングを施工していきます。ここでかかる時間は使用するコーティング剤や範囲によって変わりますが、平均して6~10時間は必要と考えておいた方が良いでしょう。

立ち会いをして作業終了

コーティングの施工が終了したら、最後は仕上がりの確認を行なっていきます。その際に仕上がりはきちんとチェックすることが大事ですよ。そして気になる点などを発見したら業者にしっかりと申し伝えましょう。なお、特に問題がなければ今後のお手入れ方法などを聞いて、施工完了になります。

トラブルを回避するためには

上記の流れは当日の施工手順になります。床全体を施工していくので、結構な長丁場になることがあります。また、フロアコーティングを施工してトラブルが発生したとの声も聞くので、それを回避するためにも依頼する業者は、アフターフォローや保証が充実しているところを選ぶようにしましょう。